【札幌・狸小路】カキ好き歓喜!『大厚岸』の生ガキ〝マルえもん〟を国稀と共に楽しむ

札幌に来て、新鮮な生ガキが食べたくなったら必ず立ち寄るのがこちらの「大厚岸」。

厚岸は「あつぎし」ではなくて「あっけし」。乳製品や海産物がめちゃくちゃ美味しいのですが、とりわけカキが抜群に美味しいのです。

そんな厚岸のカキが気軽に食べられるのがこちら。

狸小路の「大厚岸」の生ガキ〝マルえもん〟は濃厚な甘さが魅力

カウンター席はほぼ満席なので共用テーブルでいただきます

観光客よりも地元の方の方が多いんじゃないでしょうか?

メニューはこちら

エゾバフンウニも気になるわぁ。

それでもやっぱりカキ食べたいよね、カキ!

生も蒸しも焼きも2個700円で頂けます。熱を入れると身が小さくなっちゃうので、やっぱり生がいいな。

カキ以外にもホタテにホッキ、ツブもありますね。ザンギも焼き魚もイカの塩辛も。

定食まであるなんて!

お酒は生中がクラシックで500円。あとは地酒が500円。

サワー類450円。

ナポリンサワーは北海道限定だそうです。

ピリ辛まるっとサンマ飯。

うーん、想像ができません。

では、乾杯っ!

増毛の地酒、国稀(500円)

するすると飲みやすい日本酒です。

マルえもん生牡蠣2個(700円)

ひとつ350円のシアワセ。

レモンだけでちゅるっと美味しい濃厚な甘さの生ガキ。

あぁ、もう一個食べたい…というところで止めておくのがオトナなのかも。

カキフライ3個(800円)

アツアツの大粒なカキフライが揚がってまいりました。

タルタルでカリッとかじれば、中からジュワーッと溢れる滋味。

うーん、たまらんっ!

お会計をお願いします

3人で3510円、ひとり1,200円弱でした。

お財布にも優しいカキが美味しい大厚岸でした。

まとめと感想

「厚岸のカキ」といえば泣く子も黙る大ブランドですが、やっぱり美味いものは美味い!という結論でした。

カキって旬があるんじゃないの?と思われがちですが、厚岸のカキは淡水と海水が混ざり合う汽水湖で養殖されていて、水温をうまく調整しながら年間を通して美味しいカキを生産しているとの事でした。

夏にはまろやかなカキ、冬には濃厚なカキが楽しめるそうです。

今度は夏のカキを試してみたいなぁ。

大厚岸について

大厚岸
住所 北海道札幌市中央区南2条西5丁目 東宝プラザビル1F HUGイート内
営業時間
11:00-22:00
日曜営業
定休日
[無休]食べログはこちら
※情報は掲載当時のものです


♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪

ブログランキングに参加しています~!
応援してもらえると、とてもやる気が出ます(*'ω'*)
いつもポチリありがとうございます!!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村
関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク