【横浜】角打ち!『クラーテル』で飲んだ後、〆はやっぱり鈴一のそば!ダシがたまらん

ちょっと横浜までくる用事があったので、クラーテルさんに寄せてもらいました。1階のキンパイさんは閉まってましたが、いつもは開いてるんでしょうか?

とりあえず、階段登りますか。

サッポロクラシックを発見!

ビール@370

おいしいですよね、サッポロクラシック。

チーズあられ@100

ほんのりとした塩気がたまらいません。これくらいがちょうどいい量かも。

〆は立ちそばの「鈴一」で

さて、帰って飯でも食うか!と地下鉄に向かったのですが、どこからともなく漂ってくるいいダシの香りがするじゃないですか。

どこだと見ると、やっぱり「鈴一」。

雨も降っているので、いやーどうしょうかなと一瞬迷ったのですが、次の瞬間には券売機のボタンをポチリと押してしまっているじゃないですか。最近はパスモやスイカが使えちゃうので、ポケットから小銭を出す手間もないのが、ハードルを下げる原因になっているんじゃないでしょうか。

カウンターはいつものようにギッシリ。もらった蕎麦に一味をササっとふりかけ、割り箸をくわえながら、路上に回避。そう、ここでは路上で食べるのが正式なマナーのような気がします。

蕎麦自体は茹で麺のよくあるタイプなのですが、ツユがね、ダシがね、本当に最高なんですよね。この香りを前にすると、きっとあなたも素通りできずに、券売機をポチってると思います。

いやー、〆の蕎麦のほうが饒舌になってしまいましたが、それくらいこの蕎麦はおいしいってことです。

きそば 鈴一について

関連ランキング:立ち食いそば | 横浜駅平沼橋駅新高島駅


♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪

ブログランキングに参加しています~!
応援してもらえると、とてもやる気が出ます(*'ω'*)
いつもポチリありがとうございます!!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村
関連コンテンツ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク